본문 바로가기

T_AUS

オーストラリアの思い出⑦-再びアデレードへ。アウトバック旅行の始まり-

プルーニング&ピッキングの仕事で貯めたお金を使って、AUS縦断旅行をする事になりました。まずは、もう一度アデレードに戻り、そこから車で北上。途中、有名な世界遺産エアーズロック等を観光し、オーストラリア大陸最北の都市、ダーウィンを目指して走ります。



戻ってきました、アデレード!
ここに来るのは、なんと3回目。AUSで一番たくさん訪れた都市になりました。
写真は、ボタニカルガーデン。






結構広くて、いろんな植物が見られます。



鴨の親子。のどかな風景。





車中から見る、アデレードの街。
しばらく田舎の生活をしていると、すごく大都会のように感じます。
新鮮な感じ。



ラウンド(オーストラリアを周遊する旅行のこと)メンバー3人の足&道に埋められたコイン。
この思い出は、きっと一生忘れない!!



車の中。何もない道を、延々と走ります。
運転に自信のない私は、いつも後部座席で、社長のようにただ座ってるだけでした。
二人とも、ごめんね&そして、いつも安全運転、ありがとう^^



アデレードから北上し、最初に宿泊した街、クーパーピディ。
ここは、オパールの産地として有名です。



少し行くと、オパールの発掘現場が見られます。
ぼこぼこしているのが、それ。
ここを見学するツアーもあるとか。




主要産業が、オパールの採掘のため、ここでは穴を掘って暮らすスタイルが根付いています。
私たちが泊まった宿も、ベッドルームが地下にある、不思議なところでした。
日中は40度近くまで気温が上がる暑い外に比べて、地下はひんやりとしていて、常に薄暗く、とっても静か。



宿の入り口。
外は、じっとしていても汗がダラダラ流れるほどの暑さ!!






地下教会もあります。小規模ですが、とても美しく、神聖な感じがしました。




博物館も、地下にあります。



クーパーピディを後にして、エアーズロックのある、ウルル-カタ・ジュダ公園に向かいます。
途中、州と州の境目を通りました。
こちらは、「南オーストラリアにようこそ」の表示。



反対は、「ノーザンテリトリーにようこそ」



ずーーっと走っていくと、
見えてきました、エアーズロック。



近くで見ると、迫力が違います。






朝焼け&夕焼けを浴びる、ウルル(エアーズロック)の姿は、息を飲むほどの美しさです。



初日は、強風のため登れなかったのですが、後日、登る事ができました。
ただ、このウルル(エアーズロック)は、原住民であるアボリジニー達にとっての聖なる場所。
本当は、登らない方が良いと言われています。
もし登るとしても、最低限のマナーは守って登るのが、旅行者の義務だと思います。
感謝の気持ちを持って、登りましょう。
途中、ロープがありますが、基本的に何もない道。
高所恐怖症のtabidogは、ドッキドキ。



こんな感じで登ります。
先は、まだまだ長い!



遠くに、オルガ岩郡も見れます。
ここは、ジブリの映画「風の谷のナウシカ」のモデルになった場所だという説もあります。



ウルルの頂上には、このようなものが。




周りも散策できます。
今まで見たことがないような景色がたくさん。



岩肌。



ウルルは暑くて、蝿がたくさんいます。
私の頭にも、こんなに>m<::



美しい景色や、



人の顔のような面白い形の岩、



穴の中から、こんにちはーー。



暑いから、喉も渇きます。Backpaker、男らしい飲みっぷり!!



最後に、世界の中心で愛を叫んでみました。



旅は、まだまだ続きます。