본문 바로가기

T_Cambodia

カンボジアの思い出④-首都プノンペンへ-

思い出旅行の続きです。
アンコールワットを後にして、首都プノンペンにやってきました!!
やっぱり首都だけあって、人が多い!建物も多い!そして、交通量が違う!



 特に、バイクが数が半端ない!!
 

すごい砂埃!!


トゥクトゥク(三輪バイクのタクシー)のおじさんが、
砂埃を防ぐためのマスクを買ってくれました。
おじさん、本当にありがとう!!


プノンペンでは、観光せずちょっと休憩して次の国ベトナムに向かう予定だったのですが、
唯一訪れたのが、こちら。


キリングフィールドというところ。


今から37年ほど前、ポル・ポト政権に反対したとされた人々が拷問、虐殺され、
その亡くなった方々の遺体が眠る場所。


まだそんなに昔の話ではないのに。。。実際に、そんな恐ろしいことが行われていたという事実に、いろんな事を考えさせられた。
日本も、今は平和な国だと言われているけれど、昔は戦争があって、その中でたくさんの人の命が奪われた。
同じ人間同士なのに。。。なんでだろう
考えれば考えるほど、悲しくむなしい気持ちになりました。


頭蓋骨の中には、銃弾の痕が残っているものも。
胸が痛いです。


その中で見つけた、一つの言葉。
負の歴史をなかった事にする事はできないけれど、二度とこのような悲劇が起きないように
努力することはできるはず。
平和って、本当に素晴らしいものなんだと心底感じました。


バックパッカーにある食堂から見た景色。
湖(川?)の上にあって、とてもくつろげる場所でした。


さあ、次の国ベトナムに向けて出発です。