본문 바로가기

T_AUS

(21)
オーストラリアの思い出⑥-アルバイトの日々inウェントワース- ワーホリをすると、本当にいろいろな経験をする事が出来ます。 学校に通ったり、ホームステイや、ルームシェアでの触れ合い、旅行、AUSならではのアクティビティなどなど。。。 その中でも、ぜひおすすめしたいのが、アルバイトです。 ここウェントワースでは、まずぶどうのプルーニング(pruning)のアルバイトをしました。 プルーニングとは、収穫したぶどうの木の、余分な枝を剪定(カット)することです。 こうしておくと、枝と枝が絡まったりせず、のびのびとぶどうを育てることができるのです。 ぶどう畑。 直接食べるものというよりは、ワイン用のぶどうです。 朝は寒いので、完全防備で。 怪しすぎる女。 朝から晩まで仕事して、ハードですが、とっても楽しかったです。 一日中外で仕事していると、いろんな空が見れるんです。 オーストラリアの空は、広いなぁ 農場のアイドル。 かっこいいでしょ?! ロクストンでは、バ..
オーストラリアの思い出⑤-パース~アデレード、そしてバイトスタート!- AUSに来たからには!と、農場で働けるアルバイトを探していた私。でも、この時期(5月)パース近くでは、この手のアルバイトはないとの事。いろいろ悩んだ末、いったんアデレードに戻る事にしました。 パースに来る時は飛行機でしたが、今回は列車での移動です。 じゃじゃん! パース⇔シドニー間(4352km)を走る列車。 その名も「インディアンパシフィック」 系列で、アデレード⇔ダーウィン間を走る「ザ・ガン」、メルボルン⇔アデレードの「ザ・オーバーランド」などの列車もあります。 トレイルパスもあるので、電車での移動が好きな方は、ぜひ利用されてみては?! こちらは、チケット&当時の私の荷物たち(小型スーツケース、バックパック2個、スーパーのエコバック) 運賃については、こちら→http://www.ats.co.jp/gsr/indian/fare.html パースからアデレードまで、二泊三日かかり..
[호주여행]자연으로 돌아가는 길 ~카카두 국립공원~ 노던 테리토리부터는 어마어마한 개미집을 쉽게 구경할 수 있다. 보통 2~3미터짜리는 빈번히 볼 수 있고 4~5미터나 되는 것들도 종종 보이곤 한다. 물론 몇 번을 봐도 신기하긴 하지만 말이다. 카카두 국립공원도 엄청난 자연을 보여준다. 일정을 잡더라도 최소한 2박3일은 잡아야 한다. 만약 카카두 국립공원을 전부 둘러보길 원한다면 4WD 자동차가 필요하다. 오프로드야 천천히 간다고 해도 중간에 강을 넘어야 하는 수도 있기에 말이다. 국립공원의 분위기도 독특한 느낌이 있다. 원주민들이 그린 듯한 깃발이 곳곳에 걸려 있는 것도 그랬다. 평범한 강마저도 영롱해 보인다. 바위에 새겨진 그림들 또한 그렇다. 그들의 조상이 그린 그림 때문일까 과거를 걷는 느낌이 든다. 분명 각각의 그림엔 의미가 있을 것이다. 원주민..
オーストラリアの思い出④-アデレード~パース- 楽しかったタスマニア旅行から戻り、所持金が少なくなってきたので、アルバイトを探すため、アデレード、そしてパースをまわることにしました。 いったんメルボルンに帰り、バスでアデレードへ。。。 アデレードは、文化と芸術の街という感じで、とても洗練した雰囲気の都市。 写真は、アデレード大学。 こちらは、市場。外国の市場巡りって、なんでこんなに楽しいんだろう。 カラフルな山盛りフルーツを見ているだけで、なぜか元気をもらえます。 アデレードは、博物館や美術館も充実しています。 博物館には、南オーストラリア州にある、有名なオパールの産地"クーパーピディ"のオパールや、アボリジニ-に関する展示などがたくさんあり、ゆっくり時間をかけて見られます。 街から少し歩いて行ったところにある、チョコレートのお店。 ここには小さな作業場もあり、チョコレートを作る過程も見学できます。 (作業場は、写真撮影NGでした)..
オーストラリアの思い出③-メルボルン~タスマニア編- 今回、メルボルン~タスマニアと書いてありますが、実はメルボルンの写真がほとんどありません>m<: だから、ほとんどタスマニア編なのですが、まぁ、とにかく行ってみよーー!! まずは、メルボルン。 街の印象は……とにかく、きれい!そして、アーティスチック!という感じでした。 特に公園と、マーケットはおすすめです。 街中は、ほとんどトラムに乗って移動できます。 こちらは、トラムの中。中までおしゃれ^^ 素敵な公園も、多いです。公園内で見かけた、かわいらしいミニチュアの家々。 そして、メルボルンで特に印象に残っているのが、この教会。 日本に住んでいると、教会に行く機会がほとんどないと思うけど、教会に行くと心が落ち着きます。 ここには、夕方に行ったのですが、教会のステンドグラスを通して夕焼けのオレンジ色の光が入ってきて、涙が出そうなくらいきれいでした。 メルボルンは本当に少ししか滞在しなくて、バ..
[호주여행]조용한 마을속 에메랄드 빛 온천이 있는 곳 - 마타란카 오후가 되자 땅의 열기가 장난이 아니다.. 그나마 습하지 않기에 견딜 수 있었다. 앞쪽에 온도계가 있어 봤다. 현재 온도 38~9도다. 우리와 마찬가지로 지금이 몇 도인지 궁금했던 한 여자가 온도계 쪽으로 다가간다. 당연하다는 듯 사진 한장 담고 일행에게로 돌아간다. 킹스 케이니언의 입구는 앞으로 보여줄 절경에 비해 작았다. 뒷산과 다름없는 계단은 평범해서 올라가는 동안에도 편하게 이야기하며 걸을 수 있었다. 도마뱀 한 마리가 따뜻한 게 좋았는지 돌 위에 앉아 있었다. 그다지 움직임도 없고 색도 비슷하였기에 신경 쓰지 않았다면 그냥 지나칠 뻔했다. 30분쯤 지났을까? 정상에 도착했다. 깎아 내린 절벽사이로 켜켜이 쌓여있는 세월의 흔적들을 지켜봤다. 그냥 봤다.. 시간은 멈춤 듯 계속 흘러왔던 것이다. 조..
オーストラリアの思い出②-ゴールドコースト~シドニー編- 書いているうちにテンションあがってきちゃった^^ AUSに行きたい!行きたい!行きたーーい! 思い出旅行では、ゴールドコーストとシドニーを周ります。 楽しかったブリスベン生活に別れを告げ、バックパックを担ぎ、いざシドニーへ。 その前に、ちょっぴりゴールドコースト観光。 ゴールドコーストに降り立って、まず最初に感じたことが…。 すっげー、都会!人がいっぱい!そして、背の高い建物がいっぱい! そして、海がやっぱりキレイ! 時間によっては、人もたくさんいるけれど…。 人があまりいない時は、散歩したり(大の散歩好き)、座って海をただボーっと眺めたり… あ、ちょっと海に入りたいなぁと思うときは、(私の場合)ビニール袋に小銭や宿の鍵を入れて、海から見えるところに穴を掘って、そこに隠して入りました。 こうすると、海から様子を見ながら遊べます。 ちなみに、このゴールドコースト、旦那によると、 朝の海が..
[호주여행]울룰루, 세상의 중심을 가다 남호주의 끝을 알리는 경계에 다다랐다. 몇 명의 여행객이 사진을 찍고 떠나니 조용해졌다. 선명하게 박힌 Welcome to the Northern Territory 글자만이 우릴 바기는 듯.. 문뜩 여행 너머의 자신을 생각하니.. 약간의 안도감과 두려움이 생겼다. 장님이 코끼리 다리 더듬듯 삶을 살아왔기에 더욱 그런지도 모르겠다. 다만 노던 테리토리의 심볼인 태양이 밝혀 주리라 기대한다. 어느새 기름도 떨어졌고.. 시원한 것도 마실 겸 울룰루로 가기 전에 주유소에 들렸다. 도시와 비교했을 때와 거의 두배 정도의 가격에 눈물이 찔끔했다. 다시 차를 타고 이동하고 얼마 지나지 않아서 큰 물체가 눈에 띄었다. 자세히 다시 봤다. 울룰루가 아니였다. 차를 타고 한 시간을 움직이자 목적지에 도착했다. 시간이 너무..