본문 바로가기

T_Cambodia

(4)
カンボジアの思い出④-首都プノンペンへ- 思い出旅行の続きです。 アンコールワットを後にして、首都プノンペンにやってきました!! やっぱり首都だけあって、人が多い!建物も多い!そして、交通量が違う! 特に、バイクが数が半端ない!! すごい砂埃!! トゥクトゥク(三輪バイクのタクシー)のおじさんが、 砂埃を防ぐためのマスクを買ってくれました。 おじさん、本当にありがとう!! プノンペンでは、観光せずちょっと休憩して次の国ベトナムに向かう予定だったのですが、 唯一訪れたのが、こちら。 キリングフィールドというところ。 今から37年ほど前、ポル・ポト政権に反対したとされた人々が拷問、虐殺され、 その亡くなった方々の遺体が眠る場所。 まだそんなに昔の話ではないのに。。。実際に、そんな恐ろしいことが行われていたという事実に、いろんな事を考えさせられた。 日本も、今は平和な国だと言われているけれど、昔は戦争があって、その中でたくさんの人の..
カンボジアの思い出③-夢のアンコールワット!!- はぁ。。。また、ブログの更新を怠ってしまった……。 「継続は力なり」って言葉があるけど、何事も続けてするのって、実は大変ですごい事なんだなぁ。。。 今日は、アンコールワットの思い出です。 カンボジアの国旗にも登場するアンコールワット。 ずっと行って見たかった場所でした。 アンコールワット入り口。 時期にもよるかもしれませんが、うちらが行った時は、本当に観光客が多くて、写真を撮るのにも苦労するほどでした。 でも、やっぱり歴史の重みを感じさせる素晴らしいところでもありました。 東南アジアって、なんだか時間がゆるやか~に流れているような感じがする。 どこに行ったって、時間は同じように進むはずなのにね。 暑いけど、なんだかのんびり散策したくなる。 遺跡に行くと、心持ちみたいなのが変わるような気がする。 アンコールワットの中。 ここだけ時間が止まったみたい。 ここに自分がいる事が、すごく不思議だ..
カンボジアの思い出②-アンコールの遺跡群- 小さい頃から、その名前だけはよく聞いていた「アンコールワット」 言わずと知れた世界遺産です。 世界遺産という言葉に弱い私。とっても楽しみです♪♪ アンコールワットは、早朝に行き朝焼けを見るのがロマンチックでとっても良いそうなのですが、旅中はいっこうに早寝早起きを守れなかったbackpacker&tabidog。 朝ものんびり起きて、宿からトゥクトゥクに乗って移動。 入場料(1日券は20$、3日券なら40$)を払って、いざ遺跡へ!! まずは、アンコール・トム。 その中でも、特に有名なバイヨン遺跡です。 ところどころ朽ちている感じが、歴史を感じさせて、ベリベリGOOD^0^v 大昔の人々は、ここでどんな生活をしてたんだろう?! 遺跡って、貴重なのはもちろん、今までの残っているなんて、とても不思議な存在です。 もっと近くに寄ってみましょ~。 優しい表情になんだか癒されます。 ここだけ、時が止..
カンボジアの思い出①-初めての国境越えと田舎道- 再び、思い出旅行に戻って来ました^^ タイのサメット島に行く前に、旅行会社でビザ申請をし、ついにカンボジアに行く事に!! カンボジアに入国するためには、必ずビザが必要なのです。 ビザ申請に必要なものは… ●パスポート ●写真 ●20$ です。 ちなみに、移動のバスは旅行会社で全部手配してくれます。 タイから、まず国境に行き、そこでおなじみの出国&入国スタンプを押してもらいます。 そしてまた、そこからバスに乗り換え。 このバスが、すごく古い!ゆえに、乗り心地がよくありません。 しかも!! 私達はカンボジアの都市、シェムリアップに向かったのですが、そこまでの道がずっとデコボコで、バスがものすごく揺れる!! ジェットコースターに乗ってる時みたいに、衝撃でおしりが浮いちゃうくらい。 問題のバスの社内。 そして、バスの中から見えた景色。 雨季の終わり頃のカンボジアは、湿気が多くて、夕方にはしっと..