본문 바로가기

タイ旅行

(6)
タイの思い出⑥-再び、バンコクへ- カンチャナブリでは、本当にゆったりのんびりした時間を過ごすことができました。 こんなにきれいな夕日が見られたし、 (オーストラリアや日本とはまた違った味がありました) ゆるやかに流れる川を見ながら、のんびりできました。 そんなのどかな田舎から、バンコクに戻ると。。。 バンコクは本当に大都会だと感じます。 電車もあるし。。。 デパートの中もきれいでおしゃれ!東京とほとんど変わらない感じです。 ずっと田舎を周っていたせいで、都会の時間の流れの早さに最初は着いていけず、かなりとまどいました。 やっぱり、環境って大事なんだなぁとしみじみ。。。 バンコクに帰ってきて、まだ行ったことのなかったワットプラケオ(王宮)に足を運びました。ここは、バンコク観光の目玉と言われているところです。 当然、観光客で賑わっています。 アユタヤやカンチャナブリで都会の喧騒からしばらく離れた日々を送っていたので、ここで..
タイの思い出⑤-カンチャナブリにて- しばらく忘れてたけど、タイ思い出旅行、まだ終わってなかった! 前回はアユタヤについてお届けしましたが、今回はカンチャナブリです。 カンチャナブリは、バンコクから近く、頑張れば日帰りでも行ける街です。 そして、ここは日本人にも歴史的関わりが深い土地。 時間に余裕があれば、是非行くことをおすすめしたいです。 まずは、映画「戦場にかける橋」に出てきた大きな橋。 クウェー川鉄橋は、当時日本が命令して敷設させたものです。 海外に出ると、昔の日本がしてきた事について、いろいろ考えさせられる事が多いです。 この橋、歩いて渡ることが出来ます。 人が多くて歩くのも一苦労。 でも、一歩一歩踏みしめながら歩きました。 頑丈な橋ですが、歩く時は少し怖くて、ドキドキしました。 橋の近くには博物館があり、日本兵が実際に使っていた汽車や 当時の状況を伝える展示などがありました。 過去の歴史を変えることは出来ないけれ..
タイの思い出④-アユタヤで人生を考える- タイ第二の都市・チェンマイは、本当にすごく良くて楽しくて、ゆっくりのんびり過ごしました。 屋台で食べるタイ風焼そば・パッタイも美味しいし、タイマッサージは気持ちが良いし、人も皆優しくて、もう最高♪♪また行きたいです。 そんなチェンマイを後にして、次に訪れたのがアユタヤ。 アユタヤは、アユタヤ王朝をきずき、417年間タイの中心であった都市でした。 しかし、1767年ビルマ軍の攻撃にあい、滅びてしまったそうです。 ここには、たくさんの遺跡が残っています。 天気も良いし、便利な自転車に乗って、遺跡巡りへ!! 壊れた城壁の中には、首のない像がたくさんありました。 見ているだけでなんだか切なくなります。 階段を上ってみると。。。 そこからはこんな景色が見えました。 座って風にふかれながら、人生についていろいろ考えてみたり。。。 人間の栄光なんて、ちっぽけなものなんだなぁと感じました。 斜めになり..
タイの思い出③-チェンマイ1Dayツアーで自然を満喫!!- カンボジア、ベトナム、ラオスを経て、ついにタイに戻ってきました~! 久しぶりのタイ、なんだか落ち着きます。 タイ第二の都市・チェンマイでは、1Dayツアーに参加しました。 まずは、象乗り体験♪♪ もちろん、象使いの人も一緒に乗って誘導してくれるので、安心です。 近くで見る象は、大きくてかわいかったです。 優しい目も印象的でした。 当たり前の事だけど、やっぱり鼻が長い!! 足場の悪い山道も、すいすい登っていきます。 多少揺れるけど、落ちそうになるほどではありません。 途中でバナナをあげることもできました。 長い鼻を器用に使って、バナナキャッチ!! 大自然の中を、象の背中に乗ってゆったーーり。 空気も良いし、最高の気分です。 小象と一緒に歩く象もいました。 動物の子供って、本当にかわいい♪♪ 機会があったら、またしてみたいです。 次に、少数民族の村に行きました。(首長族ではないです) この..
タイの思い出②-バンコクとサメット島- 久しぶりのタイ思い出旅行。 今回はタイの首都・バンコクと、近郊の島・サメット島です。 まず、私達がバンコクで宿泊していたのが、カオサンロードというところ。 世界中のバックパッカー達が集まる、安宿や旅行社、屋台などが集まる有名な場所です。 こちらが、カオサンロード。 夜は、人がたくさんやってくるし、出店も多く、カオス状態になります。 いろんなものが売られているので、買わずに見てまわるだけでも、たのしー♪♪ ちなみに、写真は朝のカオサン。さすがに、朝はとっても静か。 マクドナルドの前には、おなじみ、ドナルド! ただ一つ違うのは、タイの挨拶「サワッディー・カップ」(女性は「サワッディー・カー」)をしているところ。 味は…日本のマクドナルドとあんまり変わらなかったような… タイには、トゥクトゥクという、三輪タクシーが走っていますが、 私達は、基本的にどこに行くのも歩きでした。 カオサンロードか..
タイの思い出①-微笑みの国に行く- オーストラリアと同じく、今回も思い出旅行。何年も前の事を思い出しながら書くのって、かなり疲れるけど、楽しかったりもする^^ その時、自分が感じたことをもう一度感じられるし、気持ちを整理するのも出来るような気がして、書いた後、なぜか気分が良い。 今回は、タイ~カンボジア~ベトナム~ラオス~タイ、東南アジア周遊の旅。 まずは、微笑みの国、タイ! 入国する前の私の勝手なイメージは、暑い国で、トムヤムクンがおいしくて、仏教徒が多くて、バックパッカーが必ず立ち寄るところ。 着いてみると、確かに暑い!私が行ったのが9月半ば、雨季の終わり頃。 そのせいか、曇りの日が多く、夕立にもたくさんあいました。 写真は、Wat Pho(ワットポー)という有名なお寺。この日も天気が悪くて、空には真っ黒な雲。 夕立にあった時は、雨宿り。 大量に降ると、傘を差していても結局濡れるし、しばらく雨宿りしていると、ピタッと..