본문 바로가기

胎教旅行

(2)
胎教旅行②-最高のホテル、そして素敵な胎教ー 今日は3/11。あの東日本大震災から、約2年がたったんですね。 私は地震が起こった時日本にいなくて、TVで津波や原発事故のニュースを見て、ただただ愕然する事しかできませんでした。 今でも行方不明になっている方がいて、復興もまだ進んでないところがあるだろうし、 何年たっても癒えない傷があると思う。 1日1日、何事もなく過ごせることがどれほど幸せな事なのか。 いろいろ考えさせられます。 傷を負った方々が少しでも前を向いて歩いていけますように。 そして、悲劇が二度と起きませんように。 心より祈ります。 今の私が出来る事、しっかり考えながら生きていこうと思います。 ここからは、沖縄胎教旅行の続き… 残波岬からホテルまでは、車で約10分ほど。 田舎道のような何もない道を走って、着いたのが今日の宿泊先。 ホテル「日航アリビラ」 私達夫婦は、今までいろんなホテル、ゲストハウス、BPなどに泊まってきま..
胎教旅行①-初めての沖縄ー 韓国では妊娠して安定期に入ると、夫婦(家族)そろって「胎教旅行」に行くという風習がある。 私たちも出産前の最後の旅として、今回「胎教旅行」に行ってきました。 行き先は沖縄。 私も相方君も、もちろんお腹のベイビーも始めての沖縄。 出発前からドキドキしてました。 インチョン空港から那覇空港までは、飛行機で約1時間50分。 なんと成田に行くよりも早い@0@!! 今回自由プランのパッケージを利用して、t’wayという会社の飛行機に乗ったんだけど、私とあともう一人以外は、全員韓国人という…初めてのケース。 何はともあれ、那覇空港に無事到着し、レンタカーを借りて沖縄を周る事に。 レンタカー会社はOTSという会社。 空港からバスに乗って行ったのだが、空港からはちょっと遠かった。 スタッフは、英語や韓国語(もちろん日本語も)堪能。対応はとても良かった。 この日の沖縄の気温は、23度。 暑い!! 夏だ!..